銀座カラーは日焼け前後でも脱毛できるの?

 

「銀座カラーで脱毛の予定だけれど、日焼けの前後は脱毛できないってホント?」
銀座カラーの脱毛方法は、IPL脱毛と言って、毛根のメラニン色素に直接働きかけて自然なムダ毛の脱落を促すものです。

 

ですから、日焼けでメラニン色素が肌に増えている状態では、効果が半減ですし、肌をいためてしまうのです。
もし、日焼けをしてしまったら、肌色が戻ってから脱毛施術を受けるように勧められます。

 

肌色が戻る前に焦ってIPLの光を当ててしまうと、日焼けによってできた肌のメラニン色素に反応してしまったり、毛根との色の違いがわかりにくくなっているので、効果的に毛根にエネルギーを照射させることができません。

 

それに、日焼けは炎症がある状態だとも言えますから、無理な刺激によって、肌にトラブルが起こることもあるのです。
ですから、日焼けをして肌色が戻らないうちは、脱毛施術はできないと考えた方がいいでしょう。

 

サロンで脱毛を始めたら、毛周期に合わせて何度か通うことになります。
施術の予定が入っている時には、日焼け対策をして、肌の色が日に焼けて黒くならないように注意をしたほうが良いのです。

 

銀座カラーで脱毛をスタートしたら、しっかり日焼け止めを塗る、帽子やシャツを身に付けるとか、脚を出すスタイルは避けるとか、日焼けをしないように過ごすようにしましょう。
ワキやVラインなどはそう、日焼けすることもないですが、脚や背中、腕などは紫外線対策をしていないと、黒く日焼けしがちですから気をつけましょう。

 

銀座カラーだけでなく、光脱毛と言われるメラニン色素が光のエネルギーを受けて脱毛する方式では、日焼けをしている時には脱毛の施術を断られることが多いのです。
これも、肌にメラニン色素の沈着が多いとうまく脱毛ができないばかりか肌を傷める原因にもなりますから、断ってくれるサロンの方が良心的かもしれません。

 

銀座カラーのIPL脱毛を受ける人は、日焼けしないように気をつけてくださいね。

 

 

詳細はここから


 

全身脱毛新宿安い人気おすすめランキング最新版はここから